【2021年6月現在】英語圏留学先の渡航情報

まだまだコロナ渦で留学が厳しい状況ですね。

ただ、日本でもワクチン接種が始まって希望が見えてきました!

現在入国が可能な国もありますので、現在の入国情報についてお知らせいたします。
※本日以降情報が変わる可能性がありますので、参考程度にお考えください。

★アメリカ 入国可

短期留学(ESTAビザ)・長期留学(学生ビザ)どちらもOK

※入国後14日間の自主隔離が必要(ハワイは不要)

★カナダ 入国可

学生ビザ・ワーキングホリデービザOK
観光ビザでの短期留学は不可

※学校が政府認可を受けた対象校に通う場合のみ、学生ビザでの入国OK。
日本発時、搭乗72時間前のPCR陰性証明が必要。
ワクチン接種を終えた方は、入国時政府指定ホテルでの3日間の強制隔離が不要になります。(14日間の自主隔離は必要) 

★イギリス 入国可

短期留学・長期留学(学生ビザ)どちらもOK ワーキングホリデーは停止中

※出発する前の3日以内に受検した検査の陰性証明書が必要。
到着後「10日間の自己隔離」「自己隔離期間中の2日目と8日目の検査の受検」が必要

★フィリピン 入国不可

★オーストラリア 入国不可

★ニュージーランド 入国不可

★アイルランド 入国可
短期留学(観光ビザ)長期留学(学生ビザ)どちらも可 ワーキングホリデーは停止中

※入国後14日間の自主隔離が必要

★マルタ 入国可

短期留学(観光ビザ)長期留学(学生ビザ)どちらも可

自主隔離不要

こんな感じになります。

自主隔離期間があるため、短期留学は厳しい現状は変わっておりませんが、
大学やカレッジ進学を目指すお客様の出発は進んでいます。

短期留学では自主隔離期間がないマルタがオススメですね!

ただ、日本帰国時の日本での自主隔離期間もありますので、そこを忘れないように日程を組んでくださいね。

ワーキングホリデー以外にも海外で働く長期留学を3TOPでは扱っております。

大学進学・海外で働きたい方、無料相談可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

それではまた!