オーストラリアのワーキングホリデー年齢について

こんにちは!代表のTeruです!(^^)

今日はお客様の勘違いが多い、オーストラリアワーキングホリデーの年齢条件について
説明します。

「年齢制限30歳から35歳に変更になった!」「来年なるらしい!」など、お客様から色々な噂を聞いたというのを耳にします。

結論から言います、オーストラリアのワーキングホリデービザは

「30歳までに申請してしまえば、31歳でもいける。それ以上の年齢はNGです!」

以下で詳しく説明していきますので、参考までにどうぞ。

年齢制限について

まず年齢制限が35歳まで引き上げになるという年々騒がれていた噂ですが、昨年秋に結論が出ました。

35歳まで引き上げになったのは、ニュージーランドやカナダなどの一部の国籍の方々のみでした。日本人は対象外になりました。

今後日本人も35歳になるかもしれませんし、ならないかもしれません。
仮になるとしても、いつになるかは誰にもわかりません。

そんな淡い期待を宛てにするのは大きな間違いですし、正直時間の無駄です。

 
 
ビザ申請期限について

オーストラリアのワーキングホリデービザの申請は、30歳のうちまでです。

ということは、極論30歳と364日でもOKなのです!
(とはいえ、申請の不備なども考えられるので、早いことに越したことはありませんが・・(*’▽’))

なのでワーホリビザが発給されたのが、31歳でもOKです。

ワーホリビザは発給されてから1年以内に行使して入国すればOKなので、
32歳で現地にいる事もありえるということなのです!!(#^^#)

(いわゆるギリホリってやつです。この場合超ギリホリですねw)

※ここで1つ注意したいのが、

「ワーホリビザが下りた後に、一旦観光ビザでオーストラリア旅行して、帰国してからワーホリにいこう!」

という計画を立てている方です!

それはできません!(‘-’)ノ

ビザが発給されてから入国すると、そこからワーホリ期間としてカウントされてしまうので、申請してからオーストラリアに旅行は控えましょう!

 
 
セカンドビザ、サードビザについて

オーストラリアでは政府の指定した場所で、3か月間(正確には88日間)農家や酪農労働などに従事することで、もう1年間オーストラリアに滞在できるセカンドビザという権利があります。

一つの仕事で88日間働いても、複数の仕事の合計日数が88日間でも大丈夫です。

2年間も滞在できるなんて最高ですね!!

もちろん農作業中も給料はしっかり払われます。(ビザ取得のための簡単な作業でも受け入れている農家もありますが、その分無給インターンという形もあります。)

更に!!
これに加えて、2019年7月以降にセカンドビザを持っている方が6か月間、
農家や酪農労働などに従事することで、3年目のサードビザも取れるようになりました!!

これが昨年から日本人も対象として、大きく変わった点です。
35歳までに年齢引き上げにならなかった代替案といったところですかね!

オーストラリア政府としても、第一次産業の人手不足を補いたいと点で、Win-Winといった所でしょうね。

3年間なんて本当に好きな人には夢のようです!!

ただ農家で最低でも9か月間働くので、実質自由なのは2年3か月間ですが、、、笑

セカンドビザ、サードビザの申請条件も30歳364日までです。

なので、30歳で1年目にビザを取得した方などは残念ながら取ることはできません。

以上こんな年齢についていかがだったでしょうか。

弊社ではワーホリの方々各種サポートも基本無料でやっておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!

それではまた!See u soon!

作成者:Teru