目玉が飛び出た!海外郵送事情②

前回、海外の郵送事情についてお伝えしたボストンのカナです(^^♪
さて、私は無事に荷物を日本に送ることができたのでしょうか!?
今回はその後をお送りします!

ステイプルで挫折した帰り道、ホストマザーのリンダから情報を入手しました。
「US post officeも海外に郵送するとなかなか高いよ」と・・・
スーツケースをもう一個買って、自分で持って帰るのが一番安いよ、とのことでした。
ただ、私は超田舎出身のため、帰国した日に地元までの飛行機がなく
千葉の親戚の家で一泊しなければなりません。
東京から千葉まで電車で移動するのに、スーツケース2個持ちは無理・・・
ということで、いくらか知らないけどとにかく行ってみよ。
と軽いノリで行ってきました、US post office!

このダンボールを抱えてバスに乗ったんですけど、
普段は何も言わないバスの運転手がいきなり「その荷物をおろせ!」と言い出し・・・
え?なんで?と思いながらオロオロしていたら、今度は急に笑い出し、
「ははは!冗談だよ!!」と言われました。

よくバスの中で、怪しいもの見つけたら教えてねとアナウンスが流れるんですが、
それにのっかったジョークだったらしい。

そんなブラックジョーク初心者にはやめてよね・・・と思いつつも
本気でビビった自分に運転手と共に大笑いしてしまいました。笑

そして、US post officeに到着!
実は前回訪れたときに、職員の態度がかなり悪かったので嫌だなと思っていたんですが、
今回の方はすごく親切で色々教えてくれました!

まず、お値段はなんと・・・!98ドルヽ(*´∀`)ノ
前回の3分の1以下です。
ただ、一週間以上かかることもあるよと言われましたが、
特に急ぎのものは入っていないので快諾。

急ぎの場合はプラス30ドルくらいで速達にしてくれるそうです!
また、日本とは違って荷物の大きさは値段に関係なく、重さで決まるそうです。

伝票の書き方も詳しく教えてくれたので、分からなくても安心ですよ。(3回くらい書き直しましたが・・・笑)

そして手続きをしている間に、ある違和感に気付きました。

みなさん、お気付きですか?

郵便局内に普通に犬がいる!?
日本では見られない光景に少し和みますね。笑

以上、海外の郵送事情でした。
アメリカから国外に荷物を送りたい場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

作成者:カナ