ワーホリの方必見!仕事探しのコツ in New Zealand!!

ワーキングホリデー2ヵ国目に突入しましたYusukeです。
2ヵ国目はニュージーランドに来ています。

ニュージーランド編の第一弾は仕事探しについてです。
ワーキングホリデーに来る方の目的は人それぞれかとは思いますが、
現地で生活していく為にはやはり収入は欲しいですよね。
私も一緒です。
そこで、僕がどの様にしたのかを書きます。

ズバリ、直談判と都市移動!
この2点で、
今僕は希望していた自転車屋 in クライストチャーチで働いています!

へ?直談判?と思うかもしれません。
日本ではまずしないですよね。
面接の予定も無いところにいきなり履歴書を持参して、
「雇って下さい!」みたいなこと。

効率悪くない?とも思うと思います。

でも、ネイティブスピーカー達も仕事探しをしている中で、
仕事を勝ち取る為にはそれも一つの手だと思います。
もちろん、時間と労力は掛かります。
相手にされないこともあります。
でも、実際に従業員と話してみたりすると
お店の雰囲気も分かりますし、良い点もあると思います。

次に都市移動ですが、
私は働きたい業種が決まっていたので、
滞在した都市にあるその業種のお店を総当たりして
ダメなら次の都市へという様な感じで5都市移動しました。笑

効率は悪いしお金も掛かるかもしれませんが、
やりたい仕事に就けたので良しです。

これも考え方次第で、
この移動自体を観光だと思えば一石二鳥という訳です。笑

ウィリントンに立ち寄った際に見つけた“Te papa”っていう博物館にある
クジラの心臓の模型。大きすぎて思わずパシャり!

実際に訪れる予定をしていなかった都市で、素敵な発見もありました。
Waitomoにあるビール工場。これが僕にとって予期していない嬉しい出会いでした!

このやり方が全てではないので参考くらいにして下さい。
私もやってみたいという方は是非チャレンジしてみて下さい。

ところで、求人報告は無いの?と思いますよね。
あります!笑
店先に張り紙しているところもあります。

仕事探しに良く使われているのは“tradem””と“seek”だと思います。
trademeは部屋探しや車探しなどにも使えます。

自分に合った方法で頑張って下さい!

皆さんが有意義なニュージーランドライフを送れることを願ってます。
それでは、また次回お会いしましょう!

作成者:Yusuke