気分爽快!広大なアメリカでドライブしよう!

0

こんにちは!
人生の三分の一を海外で暮らし、アメリカで永住権を取得したsezqueです。

アメリカに来て、一番最初の苦難は車の運転でした…

東京でずっと暮らしていた私には免許証は身分証明者代わり。
いつの間にか首都高はおろか一般道すら運転が怖くなっていました。

しかし、アメリカで運転免許を取得すると、世界がかわりました!

どこでも行けるし、アメリカの田舎道は広いし、自転車やバイク、歩行者が邪魔なんてことはありません。
運転がとにかくしやすい!お天気が良い日は爽快!お気に入りの曲を聴きながらのドライブは最高でした!

運転に慣れてきたら、長距離運転に挑戦!!
住んでいたテネシーからアトランタに日本食を買い出しに行ったり、メンフィスにバーベキューを食べに行ったり、東海岸のあらゆる都市へドライブ!

3

ちなみに我が家からアトランタまで片道4時間半、確か300マイル位(480キロ)。
なんと、これ日本でいうと東京から大阪くらいになります!

4時間半で東京から大阪は日本では厳しいですが、アメリカだと行けてしまう。
それだけ高速道路が整備されているんです。

そしてFreewayですので高速料金もかかりません!ガソリン代だけです。
私はその後テネシーからフロリダまで走行距離を伸ばせるようになり、600マイル(960キロ)を11時間位で運転するようになりました。

1

日本に帰国して長距離トラックの運転手になれるかもと一瞬思ってしまうくらい、「車の運転だけ(笑)」は上手くなりました。

アメリカではガソリンスタンドの給油はすべてセルフサービスです。自分で入れます。
私はいつもクレジットカードで給油スタンドで清算していましたが、クレジットカードの住所のジップコード(郵便番号)を入力する必要があります。
日本で作ったクレジットカードは使えません。

日本で作ったクレジットカードでの支払いをしたい場合は、店舗のレジで自分が給油したスタンドの番号を伝えるとキャッシャーが料金を伝えてくれます。
もちろん現金、小切手も大丈夫!

2

この店舗、コンビニみたいでちょっとしたスナックや飲み物、宝くじまで買えちゃいます!
さらに、お隣にはサブウエィ、タコベル、マックといったファーストフードがあったりするので休憩するには便利!

が、ガソリンスタンドは一旦高速から降りて一般道沿いにあります。
日本のパーキングエリアのようにパーキングエリア内に給油できるところはありません。(西海岸や他州にはあるかもしれませんが、、、)

私のように短時間で目的地に着くには、給油してトイレ入ってすぐ出発します。
アメリカの友人たちに言われたのですが「Gas, pee and then Go!」(ガソリン、おしっこ、終わったらすぐ出発)
これが長距離運転の極意だそうです!

いきなり長距離はする必要はないけれど、運転ができる方はレンタカーを借りて、ぜひアメリカでドライブしてみてください。

作成者:sezque